脳卒中の危険因子に注意

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080808-00000002-cbn-soci

脳卒中の危険因子を持っているにもかかわらず約4割の人が、病院へ行っていないそうです。


脳卒中は高齢者ほど発症率が高く、40歳以降、脳卒中の罹患率が高まると言われています。

脳卒中の危険因子としては「高血圧」や、“悪玉”コレステロールと呼ばれている「LDLコレステロール」が高い、などがあり、認知度も高いにもかかわらず、57.8%の人が医療機関を受診していないそうです。

脳卒中は、日本人の死亡原因の第3位で、2005年度の厚生労働省の調べでは、総患者数は約137万人に上っているそうです。

高血圧や高血糖、高脂血症などの人は、出来るだけ受信して、定期的な検査と、医師の指導の下、生活習慣の改善を行うようにすべきでしょう。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 18:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | 最新健康情報
この記事へのコメント
はじめまして

少し気になったの読ませていただきました。
確かに危険な状態か分からないまま過ごす
ことが多いなと感じます。

これからはきちんと検査を行い予防をして
いこうと思いました。
Posted by 水虫治療プロジェクト at 2009年03月18日 21:50
こんにちは、いつも読ませていただいています。
ありがとうございます。


Posted by 病気に負けないブログ! at 2014年01月23日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104413895
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

死因第3位は、脳卒中。
Excerpt: 目を背けないでください!…あなたにも起こりうる現象です! 2006年の厚生労働省の統計によると、がん、心疾患に続き、日本国内における死因第3位は、脳卒中。脳卒中は、脳の血管が急に破れ..
Weblog: メタボリック親爺!
Tracked: 2008-08-08 23:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。