ピロリ菌検査で胃がんを

日本人ががんで死亡する原因の2位は、男性も女性も胃がんです。

その胃がんの最大の原因がピロリ菌です。

胃潰瘍の7割、十二指腸潰瘍の9割もがピロリ菌が原因とも言われています。

プロアクトの安心!郵送検査サービス

一滴の血液で高精度な検査ができる検査キットシリーズ

ピロリ菌検査だけでなく、C型肝炎、ガン、エイズ、性病(クラミジア+淋病)など充実のアイテム

《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら
なぜピロリ菌が胃がんになるのか?

(1)強い胃酸がある胃袋の中では、通常菌は生きることができません。

(2)なぜそんな胃袋の中でピロリ菌だけが生き残れるのでしょうか?
ピロリ菌は、その体をアンモニアで覆うことで胃酸から体を守って、胃袋の中を自由に動き回れれます。

(3)そうやって、胃壁にピロリ菌が棲みついて胃の粘膜を壊してしまいます。

(4)そんなピロリ菌を退治しようと、当然白血球が攻撃しますが、白血球は胃壁や胃酸に阻まれてしまい、逆に胃壁を傷つけてしまうのです。

(5)こういう経緯により最終的には、最悪の場合、胃がんになってしまうのです。

白血球とピロリ菌によって傷ついた胃壁は白く変色して、やがて胃潰瘍やがんになってしまう可能性が高くなります。

そんなピロリ菌を除菌することで、胃潰瘍やがんの発生率は下がります。

しかしピロリ菌が恐いのは、自覚症状が全くないことであり、胃潰瘍や胃がんになるまでほとんど気がつきません。

一方では、胃がんになった患者の94%がピロリ菌に感染していたという報告もあります。

ピロリ菌対策にお薦め食事は、「梅干し」「めかぶ」「緑茶」ですが、どれも昔から殺菌作用があるとか、胃に良いと言われていたものばかりです。
人間の知恵は凄いですね。

胃カメラの検査が一番ですが、忙しい方は、自宅で簡単な郵便検査は如何ですか?

プロアクトの安心!郵送検査サービス

一滴の血液で高精度な検査ができる検査キットシリーズ

ピロリ菌検査だけでなく、C型肝炎、ガン、エイズ、性病(クラミジア+淋病)など充実のアイテム

《NTTデータの安心管理で秘密厳守》  ⇒詳細はこちら





【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 23:26 | 最新健康情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。