血圧

心臓の機能を調べます。
血圧 単位:mmHg

【収縮血圧(上の血圧)】

基準値
高 値    130 〜 140
正 常    120 〜 130
理 想        〜 120

軽 度    140 〜 160

中程度    160 〜 180

重 度    180 〜

【拡張血圧(下の血圧)】

基準値
高 値     85 〜  90
正 常     80 〜  85
理 想            80

軽 度      90 〜 100
中程度    100 〜 110
重 度     110 〜

(日本高血圧学会)

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

心臓が収縮と拡張を繰り返すことで、全身に血液を送り出しています。この時に心臓が血管に与える圧力が、血圧です。
心臓がギュッと縮み、血液を押し出すときの圧力を「収縮血圧」、血液を溜めて、最も圧力の下がった状態を、「拡張血圧」といいます。

血圧の高い方はこちらを参照して下さい。

【検査で解ること】

血管の弾力性と、心臓の血液を送り出す能力が解ります。

【疑われる疾患】

高値:高血圧症、腎疾患、動脈硬化、高脂血症、脳血管疾患
低値:心不全、貧血、大出血

*参考
心拍数(脈拍)を測ることがあります。
これは1分間に心臓が血液を送り出す回数です。

【心拍数の基準値】 60 〜 80拍/分

心拍数が50拍/分以下、または100拍/分以上になると、精密検査の必要があります。




【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理学的 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17411019
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。