尿 糖

糖尿病の疑いを診ます
尿 糖

基 準  陰性(−)

基準外  擬陽性(±)、弱陽性(+)、陽性(2+)、強陽性(3+)

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

血糖は尿細管で吸収されて、血液中に戻りますが、体に異常があって、血糖値が一定を越えてしまうと、血液には戻らずに尿の中へ漏れます。
これが尿糖です。

血糖値の高い方はこちらを参照して下さい。

【検査で解ること】

尿糖反応が出た場合、腎障害も考えられますが、ほとんどの場合が、糖尿病です。

【疑われる疾患】

糖尿病、すい炎、副腎性ホルモン剤長期服用、腎性糖尿、甲状腺機能亢進症


【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 尿・便 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

糖尿病患者に必要な医療
Excerpt: 今迄糖尿病治療のために通っていた病院を変えることにするというのです。何かいやな...
Weblog: その症状!起きろ糖尿病予備軍
Tracked: 2006-08-05 04:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。