便潜血反応

消化器官からの出血の有無を調べます。
便潜血反応

基 準    陽 性(−)
基準外   擬陽性(±)、弱陽性(+)、陽 性(2+)、強陽性(3+)

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

陽性反応は、血液の病気や腸チフス赤痢のほか、鼻や歯茎からの出血が影響している場合もあるので、再検査をします。

それでも、陽性の場合、X線撮影や、内視鏡検査を行います。

また、血液の病気や痔の検査も必要となる場合があります。

【検査で解ること】

便に血液が混在していると、食道、胃、十二指腸、大腸といった消化器官からの出血が疑われます。

【疑われる疾患】

食道・胃・十二指腸の潰瘍憩室炎、食道・胃・腸の炎症、大腸ポリープ、食道・大腸のがん、痔

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 尿・便 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。