PLT:血小板

血液の止血機能を診ます。

PLT:血小板 単位:万個/μl

基準外(低値)
重 度      〜  2
中程度    2 〜  5
軽 度    5 〜 15

基準値  15 〜 40

基準外(高値)
軽 度   40 〜 80
重 度   80 〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

血小板は血球成分の一つであり、粘膜性があり、出血を止める働きをします。

重度基準外高値のときは、血が固まりやすくなり、血栓症を引き起こしやすくなります。

逆に、中程度基準外低値になると、出血が起きて、見える部分には皮膚表面に点状出血や紫斑が出てくるようになります。

【検査で解ること】

血小板数が増加すると、血が固まりやすくなります。

逆に、減少すると出血が止まり難くなります。

【疑われる疾患】

高値:骨髄性白血病、本態性血小板血症

低値:血小板減少性紫斑病、悪性貧血、再生不良貧血、白血病、肝硬変

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液 一般 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。