HBs抗原・抗体 HCV抗体

B型肝炎、C型肝炎のウイルス感染を調べます。
HBs抗原

基 準  陰性(−)
基準外  擬陽性(±)、弱陽性(+)、陽性(2+)、強陽性(3+)

HBs抗体

基 準  陰性(−)
基準外  擬陽性(±)、弱陽性(+)、陽性(2+)、強陽性(3+)

HCV抗体

基 準  陰性(−)
基準外  擬陽性(±)、弱陽性(+)、陽性(2+)、強陽性(3+)

【検査結果の見方】

■HBs抗原:陽性、抗体:陽性−B型肝炎ウイルスに現在感染しています。
■HBs抗原:陰性、抗体:陽性−B型肝炎ウイルスに過去感染していました。
■HCV抗体:陽性−C型肝炎ウイルスに現在感染、または過去に感染していました。

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

HBs抗原はB型肝炎ウイルスの一部です。

B型肝炎ウイルスが体内に入ると、このウイルスを攻撃するために、血液中に抗体が出来ますが、ウイルスが肝細胞に結びつくため、肝細胞が破壊されてしまい、肝炎になってしまいます。

抗原が陽性で抗体が陰性の場合には、肝細胞が破壊されないで、肝炎が発病しない場合もあります(無症候キャリアといいます)。

また、C型肝炎ウイルスに感染すると、HCV抗体が出来ます。

【検査で解ること】

HBs抗原・抗体はB型肝炎、HCV抗体はC型肝炎のウイルスの感染が解ります。

【疑われる疾患】

B型・C型肝炎(急性・慢性)、肝硬変、肝がん

【参考】

肝炎には、A、B、C、E、G型のウイルスがあります。

特に注意しなければならないのが、血液や体液によって感染するB型、C型のウイルスです。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 14:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 血液 一般 検査
この記事へのコメント
 はじめまして突然ですが質問させてください
HBsクイック(ー)のクイックは抗原検査のことですか?
Posted by うぶ at 2008年09月11日 13:49
HCV抗体検査で陽性(COI値40,8)とのことでした。この数値はどの程度のものでしょうか。
Posted by 荒木 克彦 at 2009年12月15日 17:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17493847
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。