TP:総蛋白

血清中の総蛋白の値から肝臓・腎臓の機能を診ます。
TP:総蛋白 単位:g/dl

基準外(低値)
重度・中等度         〜 6.0
軽 度          6.0 〜 6.5

基準値         6.5 〜 8.0

基準外(高値)
軽 度          8.0 〜 8.5
重度・中程度     8.5 〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

総蛋白は、血清の中の蛋白の総称で、主な成分はアルブミンとグロブリンです。

蛋白は、肝臓で合成、腎臓でろ過が十分になされないと低下します。

中程度基準外になると、主にグロブリンの増加による高蛋白血症に、アルブミンの減少による低蛋白血症となります。

肝臓が気になる方はこちらを参照して下さい。

腎臓が気になる方はこちらを参照して下さい。

【検査で解ること】

肝臓で合成されて、腎臓でろ過される蛋白質の値を調べることにより、肝臓、腎臓の機能が解ります。

【疑われる疾患】

高値:悪性腫瘍、多発生骨髄症、肝硬変、慢性肝炎、脱水症、高蛋白血症

低値:ネフローゼ症候群、肝障害、浮腫、栄養不良、低蛋白症

【参 考】

グロブリンは4つに分画できます。

■α−1グロブリン:基準値外のときは肝障害、感染症、心筋梗塞、がんの疑いがあります。
■α−2グロブリン:同じくネフローゼ症候群、肝障害、感染症、心筋梗塞、がんの疑いがあります。
■β−グロブリン:同じく腎不全の疑いがあります。
■γ−グロブリン:同じく肝障害、感染症、がんの疑いがあります。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 15:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 血液 生化学 検査
この記事へのコメント
いつも利用させて頂いてます。

腎機能が低下すると、なぜ総タンパク質が低下するのか詳してく教えてくださいm(__)m
Posted by 佐藤 at 2009年12月30日 05:54
TPが減少すると体の中ではどのようなことが起こっているのか教えてください。(><)。・

Posted by こにゃにゃん  at 2011年04月03日 09:57
総たんぱくがいつも8.0くらいで、高いです。アルブミンも5.0くらいで高いです。栄養の摂りすぎなんでしょうか。それとも、悪性腫瘍かなんかでしょうか。
Posted by いちじく at 2011年05月23日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17495044
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。