ZTT:硫酸亜鉛混濁試験 TTT:チモール混濁試験

血清蛋白混濁で肝臓を診ます。
コロイド反応法 ZTT 単位:

基準外(低値)      〜  4

基準値         4 〜 12

基準外(高値)   12 〜

コロイド反応法 TTT 単位:

基準値         0 〜  5

基準外(高値)     5 〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

ZTT、TTTは、どちらも肝機能の検査方法です。

ともに血清蛋白が試薬との反応で、混濁する程度を測ります。

肝臓が気になる方はこちらを参照して下さい。

【検査で解ること】

肝臓の細胞が崩れた時の血清蛋白の変化の度合いを知ることにより、肝機能の状態が解ります。

【疑われる疾患】

ZTT(高値):急性・慢性肝炎、肝硬変、肝がん、膠原病

ZTT(低値):胆汁うつ滞症、高蛋白尿疾患

TTT(高値):急性・慢性肝炎、中毒性肝炎、肝硬変、脂肪肝、高脂血症

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液 生化学 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17812743
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。