T−Bil:総ビリルビン

黄疸の程度を測ります。
総ビリルビン 単位:mg/dl

基準外(低値)       〜  0.2

基準値       0.2 〜  1.0

基準外(高値)
軽 度        1.0 〜  2.0
中等度       2.0 〜 20
重 度       20   〜

間接ビリルビン 単位:mg/dl

基準外(低値)       〜  0.1

基準値       0.1 〜  0.8

基準外(高値)
軽 度        0.8 〜  2.0
中等度       2.0 〜 20
重 度       20   〜

直接ビリルビン 単位:mg/dl

基準値       0   〜  0.3

基準外(高値)
軽 度        0.0 〜  2.0
中等度       2.0 〜 20
重 度       20   〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

「間接ビリルビン」とは、赤血球が壊れてしまし、その中のヘモグロビンが分解して出来る黄色の色素のことです。

「直接ビリルビン」とは、間接ビリルビンが肝臓に運ばれ、蛋白質と結合した状態のものを言います。

その後、胆道に運ばれて胆汁となり、大部分は小腸から便へと排出されます。

間接ビリルビンと直接ビリルビンの和が「総ビリルビン」になります。

肝臓が気になる方はこちらを参照して下さい。

【検査でわかること】

総ビリルビンが一定値(約2mg/dl)を超えてしまうと、黄疸になります。

間接ビリルビンが高値では赤血球の過剰破壊が起こります。

また、直接ビリルビンが高値では、肝障害や胆道閉塞が起こります。

【疑われる疾患】

間接:溶血性貧血、大量内出血、敗血症、体質性黄疸、甲状腺機能低下症

直接:急性・慢性肝炎、肝硬変、胆のう炎、胆石、胆がん、すいがん、体質性黄疸

【参 考】

直接ビリルビンが尿中に排出されたものを、「尿中ビリルビン」と言います。

基準外のときは、肝細胞障害や胆道閉塞が疑われます。



【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 00:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 血液 生化学 検査
この記事へのコメント
総ビリルビンが、いつも1.3くらいで、高いです。何を気をつけたらいいでしょうか?
Posted by いちじく at 2011年05月23日 10:49
総ビリルビンが 1.6と検査結果がでました。何にきを付けたらようでしょうか?
Posted by 池田雄彦 at 2011年12月27日 14:26
お手数おかけますが、ご指導をお願いします。
総ビリルビン2,7 直接ビリルビン1,2です。
GOT 18 GTP 14 r-GT 21 です。
総ビリルビン の数値を下げる方法をお教えください。 お酒は飲みます。タバコは吸いません。
心臓バイパスの手術を4年前に行いました。
体調は良好です。目は黄色くなっておりません。よろしくご指導お願いします。
Posted by 高橋 英俊 at 2012年04月12日 08:05
血液検査で、TBIL:2.1H、UN:25.8Hと出ました。
肝臓病の疑いがあるということです。
治療の仕方、食事療法等を教えてください。
Posted by 谷田部 at 2014年08月12日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。