ChE:コリンエステラーゼ

肝障害、腎障害を疑います。
DTNB基質法 ChE 単位:IU/l

基準外(低値)
重度・中等度       〜  70
軽 度         70 〜 100

基準値       100 〜 250

基準外(高値)
軽 度        250 〜 460
中等度・重度   460 〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

コリンエステラーゼとは、肝臓で合成される酵素です。

その後に腎臓でろ過され、血液中に放出されます。

その増減により腎障害または肝障害が判ります。

測定法によって、かなり基準値の差異があるので注意して下さい。

肝臓が気になる方はこちらを参照して下さい。

腎臓が気になる方はこちらを参照して下さい。

【検査で解ること】

肝機能の低下に敏感に反応して低下する項目です。

また、肝臓で合成されているのに、腎臓から排出されない時は、高くなります。

【疑われる疾患】

高値:ネフローゼ症候群、脂肪肝、甲状腺機能亢進症、糖尿病

低値:低栄養、劇症肝炎、肝硬変、有機リン系農薬中毒、悪性腫瘍、肝がん

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 22:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 血液 生化学 検査
この記事へのコメント
本人の血液検査の数値は、以下の通りです。
・コリンエステラーゼ:772U/l、
・GOT:26U/l、・GPT:14U/l、
・γGTP:19U/l、・中性脂肪:96r/dl、
・HDLコレステロール:70r/dl、
・LDLコレステロール:139r/dl、
・血糖:82r/dl
医者の評価は、前記のように、「コリンエステラーゼ数値は高いが、肝臓関係の数値が正常な数値であるので、取り立てて心配は要らない」とのことでしたが、如何なものでしょうかお伺いいたします。但し、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症関係の検査数値はありません。
Posted by 原田郁子 at 2011年11月22日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。