LAP:ロイシンアミノペプチターゼ

肝臓や胆道を診ます。
LAP(成人) 単位:IU/l

基準外(低値)      〜 80

基準値       80 〜 170

基準外(高値)
軽 度       170 〜 230
中等度      230 〜 280
重 度       280 〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

ロイシンアミノペプチターゼは、蛋白質を分解する酵素です。

肝臓や胆道、すい臓などに多く存在しています。

【検査で解ること】

LAPは胆道から排泄されるため、胆汁がつまってしまうと、血液中に増加してしまいます。

また、肝障害のときにも増加します。

【疑われる疾患】

肝がん、胆道がん、すいがん、子宮がん、卵巣がん、肝硬変、アルコール性肝炎、急性・慢性肝炎、薬剤性肝障害

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液 生化学 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。