HbA1c:糖化ヘモグロビン(グリコヘモグロビン)

血糖値コントロールの目安を測ります。
HbA1c 単位:

基準外(低値)   〜 4.3

基準値    4.3 〜 5.8

基準外(高値)
軽 度     5.8 〜 6.5
中等度    6.5 〜 8.0
重 度     8.0 〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

グリコヘモグロビンとは、血液中の糖分(グルコース)が結合したヘモグロビンのことです。

もし1回の検査で血糖値が高値であっても、HbA1cが基準値内であれば、糖尿病の可能性は少なくなります。

腎不全の場合は、HbA1cと同時に尿素窒素が高値となります。

血糖値の高い方はこちらを参照して下さい。

【検査で解ること】

ほぼ1ヶ月程度の血糖値の平均値がわかります。

食事などの影響で変動しやすい血糖値と一緒に糖尿病の検査データとして使用します。

【疑われる疾患】

高値:糖尿病、腎不全

低値:インスリノーマ(すい島腺腫)、溶血性貧血

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 00:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | 血液 生化学 検査
この記事へのコメント
ヘモグロビンA1Cが、高かったので、スロージョギングをしてみました。そしたら4.8まで下がりました。安心してその運動をやめたら、一週間で5.2まで上昇しました。やっぱり運動は大事みたいですね。
Posted by いちじく at 2011年05月23日 10:59
健康診断の結果、HbA1cの値が「9.8」に
なりました。
現在、食事療法を行っておりますが、薬の服用は
しておりません。
このような状態が続くと、どのような症状になる
のでしょうか?
Posted by 須山良和 at 2011年08月10日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ヘモグロビンヘモグロビン(hemoglobin)とは、人体の血液中に存在する赤血球の中にある蛋白質である。酸素分子と結合する性質を持ち、肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っている。鉄イオンがあるため..
Weblog: 健康食品の栄養事典
Tracked: 2007-08-09 16:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。