フルクトサミン

平均血糖値を導きます。
フルクトサミン 単位:μmol/l

基準外(低値)      〜 205

基準値       205 〜 285

基準外(高値)  285 〜

よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

フルクトサミンとは、血液中のたんぱく質と血糖が結びついたものです。

HbA1cと同様の反応によってできる物質です。

高値のときは、他の血糖値検査も併せて行う必要があります。

低値のときは、肝臓や腎臓の検査も行う必要があります。

健康診断の検査傾向としてはHbA1cの方が把握しやすいため、使用されることが多いようです。

血糖値の高い方はこちらを参照して下さい。

【検査で解ること】

10〜14日前から検査日までの血糖値の平均を表し、血糖値が上がるほど高くなります。

【疑われる疾患】

高値:糖尿病

低値:肝臓障害、ネフローゼ症候群

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液 生化学 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18147611
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。