平成19年4月から変わる健康保険

平成19年(2007年)4月から実施される『健康保険』改正内容です。

出産手当金・傷病手当金の支給額・支給範囲が見直されます。

標準報酬月額の上下限と標準賞与額の上限が見直されます。



よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

保険料賦課基準の見直し

毎月納入する保険料は、各自の収入に応じて決定される標準報酬月額によって算出されています。
現行では、39等級となっている標準報酬月額の上限・下限がよりきめ細かく見直され、平成19年4月から、それぞれ4等級ずつ増えて47等級になります。
また、賞与などにかかる保険料を算出する基準となる標準賞与額についても、上限が改定されます。

<現行>
標準報酬月額(上限) 98万円
標準報酬月額(下限) 9.8万円
標準賞与額(上限)  1回当たり200万円



<改正後>
標準報酬月額(上限) 121万円
標準報酬月額(下限) 5.8万円
標準賞与額(上限)  年間540万円


出産手当金・疾病手当金の見直し

出産のため休業して給与を受けられないときに支給される「出産手当金」、病気や怪我のため休業して給与をうけられないときに支給される「傷病手当金」については、支給額に賞与を反映させるため、支給水準を引き上げる一方、任意継続被保険者には支給されないしくみとなります。

<現行>
出産手当金 産休中、1日につき賃金の6割相当額

傷病手当金 1日つき賃金の6割相当額(最長で1年6ヶ月間)



<改正後>
出産手当金 賃金の3分の2相当額
*資格喪失後6ヶ月以内の出産や任意継続被保険者には支給しない。

傷病手当金 賃金の3分の2相当額
*任意継続被保険者には支給しない

注)任意継続被保険者とは:
退職するとそれまでの健康保険組合の被保険者資格がなくなりますが、退職の日まで継続して2ヶ月以上、被保険者期間があった方は、退職後20日以内に所定の手続きをすれば、最長2年間、それまでの保険組合に加入を続けることができます。保険料については、全額自分で負担することが必要です。









【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 14:41 | Comment(1) | TrackBack(1) | 健康保険
この記事へのコメント
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
Posted by ポルコ at 2007年06月01日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

生活習慣病はメタボリック症候群へ通じる見えないレール。
Excerpt: 生活習慣病(運動不足・高カロリーの偏った食生活)・・・日々の積み重ね(内臓脂肪の蓄積へ) 自分の銀行の預金額はなかなか増えないのに、内臓脂肪の貯蓄は右肩上がりで比例して増えていってしまいます。 ..
Weblog: 内臓脂肪の減らし方、脱メタボリック症候群へ
Tracked: 2006-09-02 21:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。