サプリメントの比較と天然成分

サプリメントを比較する際の着眼点は幾つかありますが、大事な項目の1つとして、原材料が天然成分かどうかという点があるといいます。

天然成分とは、幾つかの成分を人工的に合成して作ったものとは異なる、自然界に最初から存在する成分です。

具体的には果物や植物から抽出されて成分です。

ビタミンを多く含む柑橘類から抽出したビタミンが、天然成分としてのビタミンです。

天然素材から作られた成分と、工業的に製造された成分とがどの程度配合されているかが、サプリメントの比較ポイントです。

ミネラルにしろビタミンにしろ、成分表記の上では天然の成分と合成の成分とでは区別するところはありません。

サプリメントの場合は、実際に飲んでみて役に立たなければサプリメントを利用する価値がありません。

そのため、同一成分のサプリメントだとしても、吸収効率の良し悪しも問題になります。

一般的に、合成成分のサプリメントは天然成分のサプリメントと比べて、体に吸収されにくいと言われています。

一般的に、合成成分を製造する時に用いる材料は、石油系の物質をベースに作り出すという場合がほとんどだといわれています。

サプリメントの原材料に石油を使っているという事実は信じがたい気もします。

合成成分を配合したサプリメントが常に石油から作られているとは限りません。

けれども、合成成分は多くが石油から製造されているようです。

目的に沿う、体質に合うサプリメントを見つけるためには、比較サイトや口コミ情報から関心を持ったサプリメントについて詳しく調べてみてください。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。