健康食品の分類について

健康食品とは健康の保持や増進に効果的な食品として販売されている食品群のことです。

日本で販売される口に入れるものは、食品か薬いずれかのカテゴリに入ると薬事法と食品衛生法で定められています。

その中で、食品として健康食品は見なされています。

2001年に厚生労働省が設けた保健機能食品制度により、食品に分類されているものの一部が保健機能食品とされました。

保健機能食品とは、特定保健用食品と栄養機能食品の2種類に大別されています。

特定保健用食品は、国民の健康状態を改善するためのものです。

一定の基準に従って製造されたものを、審査を受けて認定された健康食品です。

栄養機能食品の条件は、ビタミン12種類、ミネラル5種類を含有することです。

規格基準型の健康食品で申請や審査は必要なく、条件を満たしていれば栄養機能食品という種類に属するものとされます。

健康食品として販売されている商品の中には保健機能食品の条件にあてはまらないものも多いようです。

いわゆる健康食品という表現をされています。

健康食品の種類分けは明確でないものも多く、法律上では食品でも、健康のためにという目的で販売され購入されている商品も数多く存在しているようです。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。