健康食品の成分と分類について

店頭には様々な健康食品が並んでおり、種類とその分類も幾つかあります。

法律では食品扱いの健康食品は、健康食品そのものの規定がきちんとしていません。

健康食品は食品なので、治療や効能を書くことは認められてはいません。

健康食品として販売する上では認可がいらないので、どんな内容のものでも健康食品として販売可能です。

極端な言い方をすれば、普通の緑黄色野菜や果物ですら、健康に効果がある食品として販売できると考えられます。

よくある健康食品では、配合する栄養成分を用意し、それらを圧縮して錠剤にしたり、カプセルに封じ込めるなどして製品化します。

健康食品は、含まれている成分に基づいて膨大な種類の製品をグループ分けすることができます。

アミノ酸、ミネラル、ビタミンなど成分で種類を見るものや、植物由来、動物由来、合成由来など原料で見る場合もあります。

古くから、滋養強壮や疲労回復などに用いられていた植物を使って健康食品を作る場合もありますし、大学などの研究によって効果が判明した成分を使って健康食品を製造するというやり方も数多くあります。

健康食品に含まれている成分だけでなく、毎日の栄養補給のために摂取するものと、目的に応じた成分を摂取するためのものという、利用目的による種類分けも成り立ちます。

健康食品の種類は幅広く、数え切れないほど店頭に並んでいます。

納得のいく健康食品選びができるよう、各種類の特徴を踏まえてぴったりのものを見つけてください。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。