販売形式とサプリメント商品の傾向

今では様々な業態で販売されており、サプリメントは店だけで買うものではありません。

求められるサプリメント商品や訪れる客層にも、販売形式の違いによって差があるといえるでしょう。

店側の対応や商品の充実度にも違いがあるようです。

どんなサプリメント商品を購入したいかで店を変えるという方法も、サプリメントを購入する時には良いでしょう。

コンビニやスーパーでサプリメントを購入する人は20代〜30代の男性が多く、偏った食生活で欠乏気味な栄養素の補充を目的とする傾向があります。

そのような店では野菜ジュースや黒酢、マルチビタミンサプリメントなどのサプリメントが充実しているようです。

一方薬局やドラッグストアを利用する人は20代〜30代の男性に加えて、女性の割合も増加します。

食生活の偏りだけでなく、美肌や体重を気にしてコラーゲンやコエンザイムのサプリメントを購入する人が多いようです。

総じて安価なサプリメント商品を求める傾向にあります。

通信販売の利用客として多いのは40代以降の顧客であり、老化対策や健康維持のためローヤルゼリーやコラーゲンなどを購入する人が多いようです。

多くの場合、販売店側もこれらの客層を踏まえてよく売れるサプリメント商品に力を入れている傾向があります。

主な客層やその店の売れ筋商品も、サプリメントの購入店を選ぶ時には検討してみてはいかがでしょうか。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404667102
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。