サプリメントは栄養補助食品

アメリカではサプリメントとはダイエタリー・サプリメントを指し、食品区分の一つであるといいます。

食事だけでは不足しがちな栄養素の補給を目的とした食品を指すもので、日本ではサプリメントの明確な定義は存在しないといいます。

健康補助食品、栄養補助食品とも言われているようです。

多いのは錠剤やカプセル型のものではないでしょうか。

近頃サプリメント商品の中にはドリンク型やパウダー状のもあり、サプリメントでビスケットやゼリー状のものも存在するようです。

日本人の食生活は数十年前と比較して大きく様変わりしており、加工食品やレトルト食品の利用率が高まっています。

多忙のためファーストフードや外食を多用する人もいます。

近年の野菜自体のミラル不足などもあって、食品から摂取できる栄養が少なくなっています。

サプリメントを使うのは、食品から摂りきれない栄養摂取を補うためです。

過去に多く見受けられたのは、年配者が健康維持のためにサプリメントを使う例です。

近年では若い世代でも、健康管理にサプリメントを使用する人か増えています。

サプリメントを使う目的は薬と違い、あくまで食品からの栄養摂取のサポートだといえるでしょう。

食品以外にサプリメントを、健康維持のためだけでなくダイエットや美容、体力づくりを目的として使う人もいるそうです。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。