サプリメント利用の注意点

万能の食品ではないのがサプリメントですが、食品だけでは不足しがちな栄養を効率よく摂取できる便利な存在です。

サプリメントの弱点も把握した上で、賢く使いましょう。

サプリメントは、食品と比較した時の手軽さが利点です。

反面サプリメントで食事の楽しみを得ることはできませんし、味や香り、風味を楽しむことはできません。

サプリメントは噛む動作も必要なく、水でただ流し込むだけなのです。

意識せずに大量に摂取してしまうことも、手軽さが災いしてあるようです。

体に悪影響を及ぼす可能性が、サプリメントの過剰摂取や誤った飲み合わせにはあるようです。

病院から処方された薬をサプリメントと一緒に摂取することで、薬の効果が弱まったり、強化されすぎるということもあります。

食品と違うのは、体質的にサプリメントは合わないということもあることです。

すぐに摂取をやめたほうがいいのは異変を感じたときです。

用法や用量をパッケージに記載されているとおりに守り、サプリメントはぬるま湯で飲むのがおすすめです。

十分注意したほが良いのは、副作用が出る可能性もあるからです。

要注意なのは妊娠中や授乳中の人、アレルギー体質の人などがサプリメントを使用することです。

食品と同じなのがサプリメントの分類ですが、そうはいっても全く普段の食事と同じ感覚で扱えるものではないことを理解しておく必要があります。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。