体重とメタボの関係について 体重とメタボの関係について 体重とメタボの関係について 体重とメタボの関係について

体重とメタボの関係についてです。体重の増減はボディバランスに関わりがあるだけでなく、肥満やメタボかどうかを判断するための役にも立っています。
メタボリック症候群、通称メタボとは、体内に貯め込まれている内臓脂肪が多く、改善の必要性がある人のこととなります。
メタボが問題視されるのは、メタボ自体は病気ではないものの、糖尿病や高血圧症など重大な疾患が起きやすくなるためです。
糖尿病や高血圧は、適切な対応を取らなければ動脈硬化やガンといった重篤な疾患を引き起こします。
メタボを診断するには、まず腹回りと体重を計測します。
2つが基準以上だった場合は、血圧、空腹時の血糖値、中性脂肪やコレステロールをチェックします。
2つ以上がメタボを示す数値を超えているなら、その人はメタボリック症候群です。
また、メタボリック症候群にはまだなっておらずとも、メタボ予備軍に該当する方もいます。
メタボリック症候群と判定された場合は、体の為にも体重管理や食事制限、運動などにより、改善を試みたほうがよいでしょう。
まずはメタボ基準値以下の体重に減らすことを考えましょう。
体重を落とすといっても、簡単な食事制限だけではメタボで一番重要な内臓脂肪が落ちませんので、食事制限と運動を生活に取り入れる事から始めてみることをおすすめします。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新健康情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420526844
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。