メタボ改善の運動で体重を減らす方法

食事内容を変えることはメタボ改善には欠かせませんが、それで体重が確実に減るわけではありません。


メタボ体質と決別するには、食事改善だけでなく運動の習慣も取り入れることです。

積極的に身体を動かすことで、脂肪の減少と筋肉の増加が期待できます。

体脂肪はエネルギーとして消費することで減少しますが、筋肉を増やし基礎代謝を高めることで、体が使うエネルギーを増やすことが可能です。

具体的には、どのような運動がメタボを解消する役に立つものでしょう。

ジョギングや水泳、エアロビクスなど、体の一部ではなく全てを使わなければできないような有酸素運動が適しています。

ただし、ほとんど体を使った活動をしていないという人がきつい運動をしても長く続きませんので、ウォーキングのような軽い運動から着手するといいかもしれません。

ウォーキングもただダラダラと歩くのではなく、ペースや姿勢を注意して、心持ち早めに歩くことによってメタボ改善効果の高い運動ができます。

1回のウォーキング時間は最初は30分ぐらいから初めて、大体1時間から1時間半ぐらいを目安にするとよいでしょう。

すぐに体重が減るような運動ではないので、そのつもりで、最低でも1カ月はウォーキングを続けるといいでしょう。

ダンベル体操やストレッチの準備をしておくと、天気が崩れるなどして外で運動できない時でも運動ができます。

大事なことは、毎日何かしらの形で体を動かすことです。

体重を減らすことはメタボリック症候群の解消のほかにも、生活習慣病を未然に防いだり、シェイプアップの効果もあります。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 00:00 | 最新健康情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。