お漬物はやっぱり身体に良いのか

日本の知恵であるお漬物は身体に良いの。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080120-00000082-mai-soci

<米ぬか>抗酸化作用で糖尿病腎症の発症抑制に効果

1月20日23時23分配信 毎日新聞

 和歌山県立医大、同県工業技術センターなどの共同研究グループは、米ぬかに含まれるフェルラ酸が、糖尿病腎症の発症を抑える効果があることが分かったと発表した。ラットを使った実験で、腎症発症を示す尿たんぱく排出量が少なくなり病気の進行が遅いことが確認された。オランダの糖尿病専門誌に発表した。

 フェルラ酸はポリフェノールの一種。強力な抗酸化作用がありサプリメントなどの原料に使われている。糖尿病腎症は糖尿病の3大合併症の一つで、高血糖が長く続くことで発症する。代謝異常のために活性酸素が過剰となることが原因として注目されており、研究グループは酸化防止機能を持つフェルラ酸の効果を調べた。

 実験では、糖尿病だが腎症発症前のラットにフェルラ酸を含む飼料を与え、12週間後に観察。通常の飼料を食べたラットと比べ、尿たんぱく排出量が半分以下となった。谷口久次・同センター化学技術部長は「医薬品や特定保健食用品としての実用化を目指し、将来的には腎症患者を減らしたい」と語った。

 糖尿病腎症に詳しい槙野博史・岡山大大学院教授は「効果のメカニズムを詳しく調べれば、人間への効果も期待できるのではないか」と話している。

=============================



よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

ということは、日本古来の知恵であるお漬物が身体に良いってことになるんでしょうか。

もちろん単なる塩もみとか、浅漬けは関係無いと思います。

でも、ちゃんとぬか床に漬けたお漬物っていうのは、身体に良いってことなんでしょうね。

昔から人間が食べていたものって、結局調べると全て自然の理にかなってて、身体にいいものばかりなんですね。

いまさらながら、先人の知恵には驚かされます。


【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 08:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 最新健康情報
この記事へのコメント
皆様、はじめまして。応援済みでっす。ぽちポチッ!このブログは居心地がよいですね。また遊びにきます。50%健康力UP(*゚∀゚)っおかむらでした
Posted by おかむら at 2008年01月22日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80012456
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。