がんの哲学

がんと向き合う事、これは本人は当然ですが、家族も含めて大変なことです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080125-00000061-mai-soci

一人の人間として患者が医師と同じ「土俵」に立ち、家族や周囲の人々も含め、がんと共にどう生きるかを考え、語り合う場を目指す「がん哲学外来」が30日、順天堂大医学部付属順天堂医院(東京都文京区)に設置される。がんと正しく向き合う「心構え」を身につけてもらおうという国内では初の試みで無料。当面、1日4組約30分の予約診療でスタートするという。

 現在、がんは国民の2人に1人がなるとされる国民病。従来の病院の外来は、がんに限らず、病気の診断・治療が目的で、患者の日常生活や生き方についての相談をしにくいとの指摘があった。

 がん哲学外来は、長年、発がんの研究に携わってきた樋野興夫・同大医学部教授(病理・腫瘍(しゅよう)学)が担当する。樋野教授は医学的な研究にとどまらず、がんとは何かを考え続け、一般向けの講演会などで話す機会も多かった。さらに、「従来の医療に風穴を開けたい」との視点から、患者本位の新たな医療のモデルケースに取り組むことを計画、無料での外来開設にこぎつけた。国内外でもほかに例がない。

 「がん哲学」は、がんや、死という避けられない問題と向き合い、それぞれの生き方を見つけていく姿勢を指すという。樋野教授は「たった一つのがん細胞が増殖し、命をむしばむ病気を知ることは、社会のあり方や一人ひとりの生き方を考えることにつながる。この外来が、がんについて落ち着いて考える時間を過ごすきっかけになってほしい」と話す。

 当面、1組約30分を予定し、第1、第2水曜午前11時〜正午と午後1時半〜同2時半に、同医院がん治療センターで開く。「受診」は、事前申し込みが必要。申し込み、問い合わせは同センター(03・5802・8196)へ

==============================



よければ、こちらを→人気blogランキング←クリックしてやって下さい。

私自身も経験があるのですが、家族の誰かががんになると言う事はものすごい、家族の関係を複雑にしてしまいます。

もちろんがんだけでなく、介護が必要な病気など全て同じですが。

上の記事でもあるように、がんやその他の病気でも、治療することは当然なのですが、本人、家族も含めた心のケアと言うのも重要だと思います。

介護保険など、いろいろな問題がまだあるようですが、本人にとっても家族にとっても、休養することも重要なことです。

このあたりのことも考えて、今後の高齢化社会の健康保険のあり方も考えて欲しいですね。

【目次へ戻る】

posted by 健診ドクター at 04:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新健康情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。